増加する国内のセックスレス

更新日時:2012-11-07

財団法人日本家族計画協会が行っている「男女の生活と意識に関する調査」というアンケート調査が存在します。

 

この調査は、国民の性や妊娠についての意識や実態を継続的に把握する目的で2002年から2年ごとに実施されています。

アンケートは、社会的な性や避妊・ 妊娠・などに関する男女の意識や行動などを中心に40の調査項目があり、その中にセックスレスに関する項目も含まれています。

 

2008年に実施されたアンケートの、「この1ヶ月間セックス(性交渉)が行われているか」という項目では、婚姻関係がある男女でのセックスレス率は 36.5%。これは2004年の31.9%、2006年の34.6%と比べると増加がみられ、ニッポンのセックスレス化が一段と進んでいることが顕在化してきているのです。

 

セックスレスは日常生活の何気ないことがきっかけで起きてしまいます。

自分たちは大丈夫と思っているカップルや夫婦の方たちも、なにが原因でセックスレスになってしまうのかをきちんと把握し、そうした状態に陥ってしまわないよう、日頃から努力をすることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ページトップ