産後のセックスレス

産後のセックスレス 男性の心は意外とデリケートで、ちょっとしたきっかけがセックスレスに繋がることがあります。
性欲がなくなったわけでなく、何らかの理由で奥さんに距離を感じ、そのままセックスの対象として思えなくなることは少なくありません。
このページでは、男性がセックスレスに陥る理由や過程に付いて説明します。

子どもが産まれるとセックスレスになる?

出産を機会にセックスレスになってしまうカップルはかなり多いです。

まず、子どもが産まれてからしばらくは育児が非常に忙しく、「セックスするまでの体力がなさそうだな」「疲れてるのに今求められたらイヤな顔をされそう」と思って敬遠するようになります。

赤ちゃんが出来るとベッドで寝るのも2人じゃなくて3人になりますし、誘いづらく感じているうちにチャンスに気づかなくなるということも。

「出産後の初めてのセックスをいつ切り出すか」は男性にとってすごくデリケートな問題なんですが、悩んでいるうちに時間が過ぎ、そのまま熱が冷めてしまうことだってあります。

奥さんが子どもを育てている姿を見て、性欲の対象として感じにくくなり、「なんだか別の存在に見えてきた」という方もいるようです。

子どもを育てていくうえで「お母さん化」していくのを見て、自分の母親のように感じてしまうのかもしれませんね。

セックスしたくないわけじゃない

遠慮している男性の気持ちを察して自分からセックスに誘う女性もいますが、それはかえって逆効果だったりします。

セクシーな下着をつけたり、過度なスキンシップで誘惑してくれるのは男性なら誰だって嬉しい…はずなんですけど、それが女のプライドを捨てた、自分の価値を下げている行為に思えて複雑な気分になりがちです。

男性からすると、愛する女性が自分自身を大切にしていないように見えて悲しくなってしまうのです。

また、男性がセックスしたくなくなる主な理由の一つに子作り目的だけのセックスをしたくないというのがあります。

赤ちゃんを授かるのは素晴らしいことですけど、「自分とのセックスはそのための過程でしかないのか」と悩む男性もいるんです。

自分自身が求められているのではなく、子どもを作るために利用されている、自分に男性としての魅力がないと感じると自信を失い、やがてED(勃起不全)に陥る場合も…。

そして、夫婦でのセックスの機会がなくなっても、男性の性欲自体がなくなっていくわけではありません。あまり考えたくないことですが、家庭内で性欲が満たせなくなった末に、風俗などに通いだす男性もいます。

もっとも、他の女性としかセックスができなくなるというわけではなく、「タイミングを見計らって奥さんとしたい」と思っていますし、その代替案を探すしかない状態の男性も多いです。

セックスライフを維持するには

もちろん、男性でも「なんとかしてセックスをするタイミングを作る」という方はいます。

たとえばお笑いタレントの土田晃之さんは愛妻家で有名ですけど、土田さんは「子どもをおじいちゃんおばあちゃん達に預けて買い物に行くふりをしてホテルに行っていた」と発言していたこともあります。

ちょっとズルいかもしれませんが実はこういう細かい息抜きが夫婦生活に大切で、「非日常感」、「背徳感」にムードを感じて燃え上がる男性は多いです。

なにより久しぶりに二人っきりになれたことでお互いが新鮮に見えてきます。

たまには「パパとママ」をお休みして、一人の男性、女性として見つめあうのがセックスレスに陥らない秘訣ですね。

男性でも女性でも、相手を恋愛対象として見れる「ドキドキ感」がなければお互いに冷めてしまいます。

もちろん気持ちにメリハリをつけて子育てはしっかり頑張らないといけませんけど、たまには徹底的に「子育てモード」をオフにして息抜きするのも重要なことです。

管理人のアドバイス

「子どもを産むと女性は変わる」とよく言いますが、男性の心境も大きく変化します。

たとえば私の知り合いの男性でも、「出産を機に女性器が性の対象と思えなくなってきた」(意訳)という方がいて、女性のパーツというよりは体の器官としての意味合いを強く感じてきたようです。

そこへさらに、子育てで二人の時間が作れない、奥さんが付かれているので遠慮してしまう・・・といった問題が積み重なって、セックスしたいのにセックスレス・・・という状況に陥りがちです。

セックスレス中の男性は自分からセックスに誘いにくい、かといって奥さんから求められてもなんだか…と、結構めんどくさいものなので、その気にさせてあげるよう誘導してみてください

とは言ってもセクシーな恰好をするとかそういうのではなく、適度に頼ったり主導権を握らせるようにして「こいつは俺がいないと駄目なんだ、放っておけない」と思わせるといいでしょう。

「セックスレスにならないように私が頑張らなきゃ!」と張り切るより、ちょっと頼りないところを見せて男らしさを引き立てさせた方が男性は刺激されます。

ページトップ