セックスレスと離婚

セックスレス夫婦慢性的なセックスレスに陥ってしまったカップルや夫婦が行き着く結末は、「別れ」や「離婚」が圧倒的に多いと言われています。つまり、一度セックスレスに陥ってしまうと、解決する事は簡単ではないということです。

セックスレスが離婚の原因になる理由

自分で言っておいて何ですが「セックスレスが離婚の原因になる」という表現は語弊があります。

この言葉を使って表現したい事は「セックスレスが離婚の原因を呼び寄せる」ことであり、”セックスレスだから離婚する”という事ではありません。

セックスレスというのは、普段から仲が悪かったり、すれ違っている夫婦が抱える問題であり、「普段すごく仲が良いのにセックスレス」というユニークな夫婦はめったにいないと思います。(身体的な理由などであり得るかもしれませんが)

つまりセックスレスというのは、普段から問題を抱えているカップルの”延長線上にあるもう一つの問題”であり、既に不仲がエスカレートしている深刻な状態なのです。

ここでは、そんなセックスレスが引き起こす、更に深刻な問題を紹介しています。

スキンシップが減少する

セックスとは、お互いが異性であることを意識し合ってるからこそできるスキンシップの1つです。

セックスができないということは、腕を組んだり、キスをしたりといった「異性」にしかしないスキンシップもしなくなります。

こうしてスキンシップの手段が徐々に減っていくと、会話の回数も減っていき、二人でいるだけで険悪な雰囲気になってしまいます。

そんな重たい雰囲気に耐えられずに離婚を切り出すのは、多くの場合は女性が多いと聞きます。

喧嘩がエスカレートする

セックスができるカップルと、セックスレスのカップルでは、喧嘩がエスカレートする度合いが全く違います。

どれだけ喧嘩をしても、どんなに趣味趣向が合わなかったとしても、セックスができるカップルは、最終的にお互いの悪いところを受け取めることができます。

なぜなら、セックスができるカップルは互いをパートナーとして尊重しているので、頑なに「相手が悪い」と思うことがないからです。

しかし、セックスレスのカップルは互いに「悪いのは相手だ」という考えしか持てなくなり、些細な喧嘩が原因で離婚…というケースも少なくはありません。

浮気をしやすくなる

心と体は繋がっています。

パートナーとのスキンシップが少なくなると、それだけ心が寂しい思いをするようになり、その寂しさを埋めるために、体を求めるようになります。

わざわざ言葉に起こさずとも、セックスレス中のカップル間では、「相手は既に浮気をしているかもしれない」と不安が渦巻いていることでしょう。

実際に浮気をしていないとしても”その可能性がある”という不安や嫉妬が怒りに変わり、二人の関係を更に悪化させます。

「パートナーがセックスを拒むから浮気した」というのは随分と身勝手な言い分に聞こえますが、断る側も、”人間は弱い生き物であり、浮気する可能性がある”という自覚を持つようにしましょう。

パートナーを傷つける

そもそもセックスというのは、関係が長いカップルであっても中々誘いにくいものです。

デリケートかつシビアな行為ですから、ムードや流れを意識し、自然な形で誘い込もうとします。つまり、誘う方は物凄く努力しているのです。

にもかかわらず断られてしまうと、精神的に傷つくだけじゃなく、「こんなに誘ってるのになんで断るんだ!」と怒りに変わることもあります。

もしかすると、近い将来あなたは責任重大な仕事を抱え込み、全く行為をしたい気分にはなれないが為に「今日は疲れているから寝かせてくれ」と言ってしまうかもしれません。

しかしその一言で、パートナーは予想以上に傷つく可能性があります。というより、あなたのイメージを遥かに超える程深い傷を負うと考えておいて良いでしょう。

ですので、もし疲れているとしても、「今日は疲れているから眠りたいけど、明日しようね」などの気遣いを持って接するようにしましょう。

離婚につながるセックスレスの具体例

今まさにセックスレスという方のために、離婚する可能性が高いセックスレスの具体例についてご紹介します。

親と同居している

親と同居していることで、セックスレスの辛さが増すという方は結構多いです。

家の中に夫婦だけの部屋がなかったり、相手の両親に気を遣って精神的に疲れてセックスどころじゃなくなったりと、その理由は様々です。さらに追い打ちをかけるように「早く孫の顔が見たい」とプレッシャーをかけられてしまうと、セックスをしたいという気持ちもなくなってしまいます。

子供に対する愛情が薄い

産後の女性はセックスレスになりやすいものですが、その原因は女性だけにあるわけではありません。

男性が子供に対してあまり愛情を注がず、それを見た女性が幻滅してしまうケースもあるからです。

そんな状態でセックスを強要したりすると、「子供をつくっても可愛がらないくせに」と思われてしまいます。

こうした状態が長く続くと、女性は男性を「生理的に受け付けない」状態になってしまい、ゆくゆくは離婚が待ち構えているというわけです。

自分が暴力的なことに気づいていない

新婚の頃は毎日セックスしていたけど、最近になると全然・・・という方。最近のことをよく思い返してみてください。

仕事や家庭のストレスをパートナーにぶつけたり、ついつい手を上げてしまったりしていませんか?

あまり暴力的すぎると、パートナーのアナタに対する好意は怒りや恐怖に変わってしまいますので、セックスをしようとはまず思いません。

それどころか、衝突が増えたり、パートナーが自分のことを避けるようになっている場合は、すでに離婚の危機が迫っています。

浮気をしている

相手が浮気をしている場合は、セックスレスであっても関係が良好であるケースが多いです。しかし、理由もなく相手を疑うことはできないので、相手を信じることしかできないのが現実です。

もしアナタが浮気をしてしまったとして、「やってしまった・・・」と後悔するのであれば、それをパートナーに告げずに隠し通しましょう。もう浮気はしないという気持ちがあるならば、事実を告げてもいいことはありません。

身辺整理をする決心がついたら、まずは浮気相手に連絡して関係を完全に断ちましょう。そして連絡先とメール、相手が映っている写真は完全に消去します。そうすることで不安要素が完全に無くなれば、ひとまず安心です。

しかし、パートナーと浮気相手に接点があったり、浮気相手が近所に住んでいたりと、不安要素が少しでも残っている場合は、バレてしまう前に打ち明けた方が良い場合もあります。

事実を告げるとパートナーは取り乱すと思いますが、くれぐれも自分が悪いということを忘れず、どんなに不快で理不尽なことを言われたとしても、ひたすら謝罪し続けましょう。浮気に走った原因が相手にあったとしても、パートナーを深く傷つけたのはアナタなのですから。

離婚を回避するためには

先ほど「離婚につながるセックスレスの具体例」を挙げましたが、このうちのいずれかに当てはまる内容はありませんか?

もし1つでも当てはまるという方は、それが離婚の原因となってしまう可能性があります。

そうならないためにも、パートナーから離婚を切り出される前に改善するよう努めてください。

このうちどれにも当てはまらないという方は、今一度パートナーが置かれている状況に問題はないか、これまでの自分の態度に問題がなかったかを振り返ってみてください。

セックスレスの原因となってしまった「何か」が見つかるはずです。

ページトップ