同棲とセックスレス

同棲とセックスレス

セックスレスになりやすい時期の一つに同棲があります。

別々に住んでいた時は会えば必ずセックスをしていたのに、同棲を始めてからほとんどセックスをしなくなった、というカップルが非常に増えてきているといわれています。

このページでは同棲カップルのセックスレス解消方法(女性向け)を紹介していきます。

原因その1:熱が冷めて自然消滅する

同棲を始めた直後はラブラブでも、やがて熱が冷めてセックスレスになり、そのまま自然消滅するのはよくあるパターンです。

これは特に男性に顕著なんですが、欲しいものが手に入らない時にそわそわしていたのに、手に入ると熱が冷めてしまうのに似ています。

手に入らない時が一番テンションが高くて、同棲する(自分の手に入る)と落ち着いてしまうという心理が働いていると思ってください。

そしてずっと一緒に暮らしていくうちに、パートナーを1人の女性と言うより家族として見るようになって・・・・という感じで悪い意味で落ち着いてしまうことがあります。

この場合、外に遊びに行く時は待ち合わせをして同棲前のデートのときめきを思い出すなど、新鮮なインパクトをお互いが感じるのが効果的です。

また、ヤフー知恵袋にはこんな質問もありました。

同棲中の彼とセックスレスで悩んでいます。初めて知恵袋で質問をします。
お互い20代前半です。同棲して1年以上経ちますが、現在セックスレスです。

付き合い始めや同棲し始めた頃は、特に不満はありませんでした。
むしろ、「セックスレス」というものが遠い存在だと思うくらい、回数なんか気にもしていませんでした。

何度か、セックスレスで悩んでいることをそれとなく言ってみたり、ダイレクトに「したいなー」とも言ったりしました。
もちろん私から誘ってみたこともありますが、本当に嫌な顔をされたり、何かと理由を付けてうまくかわされたりしてしまいます。

ヤフー知恵袋「同棲中の彼とセックスレスで悩んでいます。」

文章が長いので要点だけ残して省略しましたが、同棲してセックスレスになるカップルの典型例です。

最初の頃はお互いにセックスに満足できていたのに、やがてセックスしなくなっていって、女性に不満を感じさせています。セックスレスになったからといって彼に性欲がないわけではなく、一人で満足しているので女性としては余計みじめに感じてしまいます。

また、男性側が安心しきって熱が冷めるだけでなく、女性のしぐさや素振りが原因で冷え切ってしまうパターンもあります。

原因その2:彼を傷付ける言葉を口にしていませんか?

男性はセックスにおいて女性が思ってもいないような些細なことを気にして自信を失ってしまうことがあります。

いつも一緒にいると「痛い」や「良くない」など、今までいわなかった言葉で、彼を傷付けている可能性があります。

彼が誘ってくれた時に「眠い」や「面倒くさい」など投げやりな断り方をしたことはないでしょうか?

このような出来事がきっかけで男性の方からは誘いにくくなってしまっている可能性があります。

対処法

過去の言動を振り返り、自分に落ち度が無かったかきちん思い返してみることが大切です。

自分に落ち度があった場合は、今後のことを考えて、彼に謝っておくのがいいでしょう。

原因その3:彼の前で女を捨てていませんか?

付き合い始めの頃はスッピンを見せるのさえ勇気がいる行為だったのに、今となってはスッピンどころかきちんとメイクしている姿を彼に見せることのほうが少ない…なんて人はいませんか。

彼の前で女を意識しなくなると、当然ですが彼もあなたのことを女性とは意識しなくなります。

家でも常にメイクをしてきちんとした格好をしていろというわけではありませんが、休日どこにも出かけないからといって1日中ボサボサの頭を整えず部屋着でいるのはよくないでしょう。

また、着替えをする時は彼の前で堂々と着替えるのではなく、さり気なく彼から見えない所へ隠れて着替えるなどの恥じらいを持っておきましょう。

対処法

同棲を続けるうちに悪い意味で彼との生活に慣れてしまわないように、付き合い初めの頃を意識して緊張感のある生活を送っていきましょう。

原因その4:彼に精神的余裕はありますか?

彼の様子をよく観察してみましょう。

仕事などが忙しくて心に余裕のない状態にはなっていないでしょうか。仕事の疲れや悩みが彼の表情や体調に表れていないでしょうか。

当然ですが、気持ちに余裕がない時にはとても彼女を誘う気分にはなれません。

最近残業が多い、職場で異動があった、家でも仕事のことを考えているなど、思い当たることはありませんか。同棲していつも一緒にいるとついついこうした違いに気付けないものです。

対処法

彼の様子から今どういった状態なのかを把握することが大切です。

また、家で彼のことをそっと支えて癒してあげられるのも同棲の良いところです。

疲れの取れる食事を用意したり、マッサージをしたり彼のことを労わってあげましょう。

原因その5:寝る時は同じ布団で寝てますか?

同棲したての頃は、2人一緒にひとつの布団で寝ていたけど、「お互いの寝ぐせの悪さ」や「いびき・歯ぎしり」などが原因で、ゆっくり眠れないから別々の布団で寝るようにしたという人は多いのではないでしょうか。

でも、寝る布団を別々にしたことから、セックスレスにつながるのはよくあることなので注意が必要ですよ。

パートナーと同じ布団で一緒に寝ることで、布団に入ってすぐは「その気」がなかったけど、パートナーからボディタッチされたり、触れ合うことで雰囲気にほだされて「その気」になってしまう時もあるでしょう。

これは間違いなくセックスにつながるチャンスで、別々に寝るとそのチャンスをみすみす逃しているのと一緒なんです。

それに一度別々に寝始めると、また同じ布団で寝るようにするのはなかなか難しいです。

また、布団が別々になるとセックスしたいと思ったら、お互いに「誘う」という行動が必要になるため、そのひと手間が自然に行えないカップルの場合は、セックスレスになる確率が非常に高くなってしまいます。

対処法

できる限り一緒の布団で寝るようにすることが大切です。

ゆっくり寝れなくてストレスが溜まってしまうという方は、布団は別にせずに、日によってあなたの方が先に寝てしまうというのもいいかもしれませんね。

一緒に布団に入ってパートナーからスキンシップしてくれた時には自分も楽しもうと思うと、セックスにつながるかもしれませんよ。

一緒に布団に入ってもなかなかセックスに繋がらない場合は、ベッド用香水「ヴィヤンフローラル」の魅惑的な香りで雰囲気を出してあなたの方から積極的にスキンシップをとってみると、パートナーも「その気」になってくれるでしょう。

ヴィヤンフローラルで熱い夜を取り戻す!

ヴィヤンフローラルで「したい」スイッチをON!

ページトップ